中身のない会話の重要性

2013年11月05日 #
Comment (1) | |
1ご冗談でしょう?増田さん:2013/11/05(火) 12:51:41.00 ID:b454Bp3HOP

自分は趣味でよくラジオを聴くんだけど、何年か前に某パーソナリティが「中身がなくても、とにかくマグロのようにしゃべり続けなきゃいけない。そうしないと死んじゃう(死に間ができる)」というようなことを語っていた。そのときは、そういうもんなのかと大した感慨もなく聞き流していた。でも本当は、その言葉の重要性にもっと早く気づくべきだったんだろう。今はそのことを後悔している。

その後、上記のことを意識してラジオを聴くようにしたら、だいたいどのパーソナリティも延々としゃべり続けている事に気づいた。当たり前と思うかもしれないが、上手い人ほど隙間なくしゃべっていた。連想ゲームよろしく中身のない話を延々と続けているコンビもいた。グラデーションのように話題が移り変わっていく様子に感心してしまった。そして、今の今までこんな大事なことになぜ気づかなかったんだろうと愕然とした。

今までの自分は、その対極にあった。人に合わせようとしない、話題の軸が自分にあると思っている身勝手人間。楽しみながら会話のキャッチボールを続けようと思ったことはなくて、いかに自分が思慮深く、建設的な意見を述べるられる人間であるかをアピールする事に腐心していた(いわゆる「正論」をドヤ顔で語っていた)。今考えれば、中二病的な恥ずかしい自己陶酔だったと言える。他人からすればかなり鬱陶しかったに違いない。

そこで、そういうアホみたいな事に拘るのはやめて、連想ゲーム的な中身のない会話を心がけることにした。モノにするのに時間はかかったけど、二ヶ月もすると色んな人から気さくに声をかけてもらえるようになった。今までだったら誘われたなかったような集まりにも誘われるようになった。あるとき、親しくなった人から「前は話し方とか堅苦しくて声かけづらかったけど、今はいい具合に力が抜けた感じがする」と言われ、人間変われば変わるものだと思った。

そして、新たに気づいたことがある。中身のない会話を続けるのはけっこう疲れるということ。喋ることを生業にしている人っていうのは、(中身のない)会話をいつまでも続けるための持久力とかコツみたいなものを経験的に身につけているんだろう。だから、そういうものを身につけるべく自分も積極的に無駄話をするようになったという話。

1001以下、増田にかわりまして管理人がお送りします:2012/09/23(日) 04:57:31.00 ID:???

掲載元スレッド:http://anond.hatelabo.jp/20131105125141

この日記についてのご意見、ご感想、補足、ツッコミ等はこちら!

1. 名無しさん@増田くん日記

  • 2013年11月05日 21:08
  • #icPin5Cr0

1人に合わせようとしない、話題の軸が自分にあると思っている身勝手人間。楽しみながら会話のキャッチボールを続けようと思ったことはなくて、いかに自分が思慮深く、建設的な意見を述べるられる人間であるかをアピールする事に腐心していた(いわゆる「正論」をドヤ顔で語っていた)。今考えれば、中二病的な恥ずかしい自己陶酔だったと言える。他人からすればかなり鬱陶しかったに違いない。

上記のこの部分、ドキッとしました。
これはまさに私のことです。
誰と会話をしていても、相手の反応ばかりみて本音で話せていないような気持ちで居心地が悪かった。
女として、賢く、美しく、かわいく、とにかくその場に一番良い(と自分では思っている)言葉をつなげてみているだけでした。嘘っぽい会話。。疲れます。お互いに。
無駄話をしてみよう。それが解決策になるなら、チャレンジしてみます。